事業内容

社会福祉事業及び公益事業

 くにたち子どもの夢・未来事業団では、以下の社会福祉事業及び公益事業を展開していきます。

 

保育事業(第2種社会福祉事業)

 国立市が策定した『国立市保育整備計画(平成29年11月)』に基づき、市立矢川保育園が2021(令和3)年4月に民営化されます。民営化後の矢川保育園の運営をくにたち子どもの夢・未来事業団が担っていきます。
 矢川保育園の詳細については、下記のリンク先の矢川保育園のページをご覧ください。なお、事業団が2021年度から運営する矢川保育園については、保育所認可前のため、認可手続きの過程において内容が一部変更となる場合があります。

 🔗矢川保育園のページ

一時預かり事業(第2種社会福祉事業)

 建設に向けて準備を進めている矢川保育園において、園舎内に一時保育室を設ける予定です。今後、一時預かり事業を展開していくための検討を行っていきます。実施時期などについては、決定次第お知らせしていきます。

保育・幼児教育その他児童福祉に関する調査研究及び研修事業(公益事業)

 国立市が進める、乳幼児期からの早期の幼児教育を支援する取組として、2020年4月から、国立市が設立した本事業団で、「非認知スキル」を伸ばす視点に着目した子育てを応援する取組を実施していきます。詳細は、下記の幼児教育推進事業「ここすき!」のページをご覧ください。

 🔗幼児教育推進事業「ここすき!」のページ