矢川保育園(2021年度から運営予定)

 矢川保育園は、2021(令和3)年度から国立市が設立した社会福祉法人くにたち子どもの夢・未来事業団(汐見稔幸理事長)が運営する予定の保育園です。2021(令和3)年4月の新園舎開園に向けて準備を進めています。

 なお、このページに記載している内容については、保育所の認可前のため、現時点での予定となります。認可手続きのなかで内容が一部変更となる場合もあります。

矢川保育園の概要

所在地 

 年度 施設名 所在地  運営 
 2020(令和2)年度 矢川保育園  国立市谷保6800番地の2  国立市 
 2021(令和3)年度 矢川保育園/新園舎建設中  国立市富士見台4丁目17番地の64 くにたち子どもの夢・未来事業団

新園の規模

建物構造

鉄筋コンクリート造 一部木造 地上2階建 

<矢川保育園新園舎イメージ図>

建物面積 延床面積860.33㎡
敷地面積 1660.02㎡
建物区分

保育室(0歳児、1歳児、2歳児、3歳児、4歳児、5歳児)、遊戯室、一時保育室、(仮称)アトリエスペース、調理室、事務室 他

保育時間

開所時間 午前7時15分から午後7時15分まで 
 通常保育 午前8時30分から午後5時まで
延長保育 午後6時15分から午後7時15分まで

定員

0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児 合計 

6人

18人

18人

20人

22人

24人

108人

交通手段

路線 最寄駅 所要時間

JR南武線

矢川駅

徒歩4分

保育の基本理念・基本方針

基本理念
  1. ソーシャル・インクルージョンの理念の下、子どもの最善の利益とかけがえのない生命を守る。
  2. 子ども一人ひとりが夢と希望を叶え、未来に向かって光輝き、自立できる子どもを育成する。
基本方針
  1. 生涯にわたる人間形成の基礎を担う重要な乳幼児期に人への安心と信頼を育みます。
  2. 全身を使って楽しく遊び、食事、睡眠、排泄等の快い生活習慣を身につけていきます。
  3. 自分の体「命」を大切にし、「自分と同じように大切な仲間」と共感できる心を育てます。
  4. 人との関わりを通して、一人ひとりが自分の気持ちや考えを十分に表現できる豊かな心を育てます。
  5. 保護者・家族の生活を支える一役を担い、地域の子育て家庭や保護者を支援していきます。

園目標

『みんなで 楽しくあそぼう… 明日も!』

年間予定(行事・保育園の一日等)

 2020(令和3)年度以降の事業団運営の保育園の取組に関しては、現在計画中です。現在の矢川保育園(国立市運営)の保育として、国立市ホームページの矢川保育園の紹介をご覧ください。

 国立市立矢川保育園(国立市ホームページ)